PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | PRINT | TOP ↑

    ≫ EDIT

    【MCOメンバーによる公開レッスン】 吹奏楽で〈シャコンヌ〉を奏でよう!

    5月の水戸室内管弦楽団(MCO)第93回定期演奏会に合わせて、5月16日に、MCOメンバーたちが高校生の吹奏楽を指導する公開レッスンを開催します(茨城県、県教委、いばらき文化振興財団との共催)。
    このレッスンは、高校生だけでなく一般の方も無料でお聴きいただけ、公開レッスンのほか、講師によるミニコンサートもございます。

    水戸室内管弦楽団メンバーによる公開レッスン 水戸室内管弦楽団メンバーによる公開レッスン
    昨年度のレッスンの様子
    撮影:大窪道治

    今回の講師は、工藤重典さん(フルート)、フィリップ・トーンドゥルさん(オーボエ)、トッド・レヴィさん(クラリネット)、中 秀仁さん(サクソフォン)、マーク・ゴールドバーグさん(ファゴット)、猶井正幸さん(ホルン)、ラデク・バボラークさん(ホルン)、デイヴィッド・ヘルツォークさん(トランペット)
    講師によるミニコンサートでは、MCO第93回定期演奏会に出演する管楽器奏者の方々がソロ演奏をご披露くださいます。ピアノはMCOメンバーたちから高い信頼を置かれている加藤洋之さん
    世界的に活躍している演奏家たちのソロ演奏が無料で聴ける機会は、滅多にありません。どうぞお聴き逃しなく!
    入場整理券は、水戸芸術館エントランスホールのチケットカウンターのほか、水戸市の茨城県立県民文化センター、つくば市のノバホールで配布しております。

    ところで、今回のレッスンの講習曲も、きっと、吹奏楽ファンだけでなく、クラシック・ファンにも関心を持っていただけるはずです。
    今回取り上げるのは、バッハの有名な〈シャコンヌ〉(無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第2番の終曲)を森田一浩氏が吹奏楽に編曲した作品なのです。
    〈シャコンヌ〉といえば、小澤征爾館長をはじめ、水戸室内管弦楽団で活躍する多くの演奏家を育てた斎藤秀雄氏がオーケストラに編曲して弟子たちに伝授した作品。水戸室内管弦楽団のメンバーたちにとっては大切な曲です。

    今回のレッスンに参加するのは、つくば市にある中高一貫校の並木中等教育学校の吹奏楽部。今夏、滋賀県で行われる第39回全国高等学校総合文化祭の吹奏楽部門に茨城県代表として出場する皆さんです。
    水戸室内管弦楽団の豪華管楽器講師陣の指導のもと、高校生たちが演奏する〈シャコンヌ〉。
    アンサンブルの奥深さと楽しさを感じていただければ幸いです。

    《篠田》(『vivo』2015年5&6月号より。一部加筆)
    関連記事

    | 水戸室内管弦楽団 | 17:19 | comments:0 | trackbacks:0 | PRINT | TOP ↑

    COMMENT















    非公開コメント

    特定の個人・団体などへの誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、広告・宣伝などは、予告なく削除する場合がございます。ご了承ください。

    TRACKBACK URI

    http://concerthallatm.blog101.fc2.com/tb.php/656-628ec787

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。