PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | PRINT | TOP ↑

    ≫ EDIT

    谷田部ひさみ ピアノ・リサイタル

    「茨城の名手・名歌手たち」出身で、ソロでの活動のほか、ピアノ・デュオ “Le Simpatiche”(昨年10月の「茨城の名手・名歌手たち」第24回に出演)でも活躍中のピアニスト・谷田部ひさみさんのリサイタルが2月22日(日)に開催されます。初めての水戸芸術館でのソロ・リサイタルはオール・ショパン・プログラム。意気込みが伝わってきます。谷田部ひさみさんからのメッセージを掲載します。

    ショパンほどピアノの為に沢山の優れた作品を残した音楽家が他にいるのでしょうか? 「ピアノの詩人」と呼ばれるショパンが生涯を通して作曲した作品は、ほとんどがピアノの曲でした。

    なにも解らずにひたすらピアノに向かっていた10代の頃からショパンの作品は何故か私の心の奥底に響き、中でも大好きな作曲家の1人でした。旋律は美しさばかりではなく、時に陰影を帯び、とても詩的で繊細でありながら同時に音楽の展開
    は大胆でもあります。自分自身、その複雑さに共感する部分が多く、とても身近に感じられる音楽でした。弾く人それぞれに深い思いが込められるゆえに、ショパンの音楽は多くの人に愛され続けているのだと思います。

    そのようなショパンの晩年の傑作を中心に今回ショパン誕生日説もある2月22日に水戸芸術館で演奏出来る事をとても嬉しく思っております。芸術館は私の大好きなホールの1つです。初めて芸術館でピアノを弾いたのは高校生の時で、空間に広がっていく音の響きがとても心地好く、緊張と共に幸福感を感じました。

    この1年は私にとって様々な変化がありましたが、自分自身を見つめ直し、私なりのショパンを演奏出来るように毎日リサイタルに向けて精進しております。ピアノの大好きな方、そしてショパンを愛する皆さんとその感動を共有したいと願っております。会場でお会い出来る事を楽しみにしております。

    谷田部ひさみ
    『vivo』2015年2月号より)


    『谷田部ひさみ ピアノ・リサイタル』は、2月22日(日) 13:30開場、14:00開演。入場料は一般2,000円、学生1,500円、全席自由です。公演の詳細はこちらをご覧ください。
    関連記事

    | 茨城の演奏家 | 14:37 | comments:0 | trackbacks:0 | PRINT | TOP ↑

    COMMENT















    非公開コメント

    特定の個人・団体などへの誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、広告・宣伝などは、予告なく削除する場合がございます。ご了承ください。

    TRACKBACK URI

    http://concerthallatm.blog101.fc2.com/tb.php/634-bf513d89

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。