PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | PRINT | TOP ↑

    ≫ EDIT

    【MCO第91回定期演奏会】 ホリガー氏と柳家花緑師匠によるリハーサルを行いました

    皆様こんにちは!

    水戸室内管弦楽団 第91回定期演奏会まで、あと10日ほどとなりました。マエストロ ハインツ・ホリガーをはじめ、水戸室内管弦楽団が誇る名手たちが間もなく水戸に集結します!


    今回の演奏会では、ドビュッシー作曲のバレエ音楽〈おもちゃ箱〉を、演奏と同時に「語り」付で上演するというスペシャル・ステージを予定しています。

    「語りって、何を語るの?」

    と思われた方もいらっしゃるかもしれません。実は、〈おもちゃ箱〉の楽譜には、バレエで今どんな場面なのかが分かるよう、譜面上に簡潔な筋書きが記されているのです。このフランス語の「ト書き」を、日本を代表するフランス文学者・杉本秀太郎氏に翻訳していただいた日本語バージョンが今回読まれます。

    物語は、おもちゃ箱の中で繰り広げられます…

    主な登場人物は、かわいらしい人形、軽薄なポリシネル、小さな兵隊。この兵隊は、人形に恋をしますが、人形はポリシネルに夢中です。しかし、やがて戦争が起こり、兵隊は傷を負ってしまいます。この3人の恋の行方はいかに… というお話です。

    この音楽は、児童書の挿絵画家アンドレ・エレ(1871-1935)の挿絵(下記の通り、チラシにもいくつか掲載中↓↓↓)をみたドビュッシー(1862-1918)が、そこからインスピレーションを得て書き上げました。子ども、特に愛娘シュシュへの想いをこめて、晩年に作曲されました。音楽的には、大人だからこそより楽しめるファンタジーに溢れた作品といえましょう。

    水戸室内_第91回定期_ちらし表


    先日「語り」を務める人気落語家・柳家花緑さんと、指揮のハインツ・ホリガー氏によるピアノリハーサルを行いました!ピアノは、本番でも演奏してくださる小林万里子さん。場所は、ホリガー氏が新日本フィルのリハーサルを終えた後の都内某ホール楽屋にて。

    18:00、早速リハーサル開始。
    すでにヨーロッパではこの曲を演奏され、明確に理想の「語り」のイメージを持っていらっしゃるマエストロ・ホリガー。指揮をしながら冒頭から、「こう語ってほしい!」というイメージを伝えるべく、舞台上にいるようなはっきりした発声と、ストーリーを表す豊かな表情・身振りで鮮やかにイメージを伝えてくださいます。

    また特に重要なポイントとなったのが、
    「このタイミングで語ってほしい!!」という確認。

    花緑さんが読み始め、読み終わるタイミングを、音楽の流れに最大限沿わせ、「オーケストラの音楽」も「語り」もお互いに活かしあえるよう、練習を細かくストップしながら確認を行いました。
    花緑師匠は、ホリガー氏の緻密な指示を、類稀な集中力でもって一つ一つフォローされていました!

    また言語の違いも一つの鍵に。例えばフランス語と日本語では、同じ文章を読んでも長さが微妙に違うので、それをふまえて繊細な調整が重ねられました。

    ドビュッシーは〈おもちゃ箱〉で、さまざまな音楽の引用を行っています。例えば象の人形が登場するシーンでは、インド音楽のメロディが使われていたり、またメンデルスゾーンの〈結婚行進曲〉がちらっと登場したり…。またこの曲では、軍隊行進曲調の音楽も戦争の場面で登場しますが、そうした音楽的な内容や、当時の時代背景についても、ホリガー氏はとても興味深くご紹介くださりながら練習が進みました。

    約30分の演奏時間の作品ですが、終始、マエストロ・ホリガーは溢れんばかりのエネルギーと気迫に満ち、気づけば2時間半があっという間に過ぎていました・・・!

    この日のホリガー氏とのリハーサルをもとに、花緑師匠がどのような「語り」をMCOと繰り広げてくださるか、どうぞご期待ください!!

    《高巣》
    関連記事

    | 水戸室内管弦楽団 | 12:36 | comments:0 | trackbacks:0 | PRINT | TOP ↑

    COMMENT















    非公開コメント

    特定の個人・団体などへの誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、広告・宣伝などは、予告なく削除する場合がございます。ご了承ください。

    TRACKBACK URI

    http://concerthallatm.blog101.fc2.com/tb.php/579-1737b703

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。