PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    【訃報】 ヴァイオリン奏者、潮田益子さん

    水戸芸術館の専属楽団・水戸室内管弦楽団の楽団員であるヴァイオリニスト、潮田益子(うしおだ・ますこ)さんが、5月28日午前6時15分(米国東部時間)、米国マサチューセッツ州ケンブリッジ(ボストン近郊)にて、白血病のため永眠しました。享年71歳。故人の希望により葬儀は行いません。

    潮田さんは1942年4月4日旧満州の生まれ。桐朋学園に学び、1966年チャイコフスキー国際コンクール第2位。日本を代表するヴァイオリニストとして世界を舞台に演奏し、水戸室内管弦楽団、サイトウ・キネン・オーケストラの中核メンバーとしても活躍しました。また、ボストンのニューイングランド音楽院教授として多くの後進を育てるなど教育活動にも力を注ぎました。夫はチェロ奏者で元ニューイングランド音楽院学長のローレンス・レッサー氏。

    水戸室内管弦楽団では、当初から楽団員の中核として、オーケストラ全体を牽引し、吉田秀和、小澤征爾新旧館長とも、楽団にとって不可欠の存在として、大きな信頼を寄せていました。また、潮田さんは、若手メンバーの育成にも力を注ぎました。第53回定期演奏会(2003年)では、小澤征爾の指揮で、「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 第5番 K.219 “トルコ風”」の独奏者を務めました(その演奏はCD[ソニークラシカルより発売]に収められています)。

    また、2011年10月12日には、東日本大震災で被災した水戸、茨城の方々に「私が何か皆様のお役に立つことができるとしたら、ヴァイオリンを弾くことしかありません。」と語り、水戸芸術館でのチャリティ・コンサートに出演しました。

    昨年11月に白血病を発症、苦しい闘病生活を続ける中で、本年10月の水戸室内管弦楽団の定期演奏会には復帰したいと話していました。最後まで家族と共に楽しい時間を過ごし、好きな料理などにも興じていたそうです。

    故人の冥福をお祈りし、ここに謹んでお知らせいたします。

    水戸芸術館音楽部門

    関連記事

    | 水戸室内管弦楽団 | 19:33 | comments:1 | trackbacks:0 | PRINT | TOP ↑

    COMMENT

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    | | 2013/05/30 03:30 | URI |















    非公開コメント

    特定の個人・団体などへの誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、広告・宣伝などは、予告なく削除する場合がございます。ご了承ください。

    TRACKBACK URI

    http://concerthallatm.blog101.fc2.com/tb.php/388-60d8d3c2

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT