| PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | PRINT | TOP ↑

    ≫ EDIT

    【合唱セミナー2015】 松下耕氏が自作の合唱曲を指導する貴重なセミナーです!

    我が国を代表する一流の合唱指揮者や作曲家を講師にお招きし、半日をかけて講習曲を練習する「合唱セミナー」(茨城県合唱連盟、茨城県高等学校教育研究会音楽部、茨城県高等学校文化連盟との共催)。今回は、2003年と2004年に講師を務め、3回目のご登壇となる松下耕氏をお迎えして、松下氏が谷川俊太郎氏の詩に作曲した混声合唱とピアノのための〈すこやかに おだやかに しなやかに〉を取り上げます。

    講師の松下耕氏

    松下耕氏は1962年東京生まれの合唱指揮者、作曲家。2003年と2004年に当セミナーの講師を務めた時、合唱界においてはすでに「松下旋風」が起こっていて、セミナーもかつてないほどの熱気を帯びたものとなりました(講習曲は2年連続で松下耕氏自身の〈合唱のためのたのしいエチュード〉(抜粋)でした)。

    しかし、その後、松下氏は世界でも「松下旋風」を巻き起こすことになります。2004年には台湾を代表する混声合唱団 Formosa Singers が松下氏の作品による演奏会を台北で行い、〈落水天〉を委嘱初演。2007年にはスペインの「レイオア・カン
    ティカ・コラーラ児童合唱団」が、〈Hodie Christus Natus Est〉を委嘱、録音。2011年にはアメリカの合唱団 Salt Lake City Vocal Artists が〈Usquequo Domine〉を世界合唱シンポジウム(アルゼンチン)で初演、アレッツォ国際合唱コンクール(イ
    タリア)で再演しています。

    11年ぶりのセミナーご登壇となる今回は、国際舞台での実績をさらに積み上げ、一段と深く澄んだ眼差しで合唱音楽を見つめている松下氏が、その知見とともに自作の比較的新しい合唱曲を指揮、指導するという貴重な機会となります。

    講習曲について

    講習曲の〈すこやかに おだやかに しなやかに〉は、混声4部合唱とピアノのために、2009年に書かれた作品です。松下氏が「もっとも尊敬する詩人の一人」と語る谷川俊太郎氏の詩4作(「こころの色」「愛が消える」「おだやかに」「もっと向こうへと」)に曲を付けました。カワイ出版が首都大学東京エリカ混声合唱団の演奏を動画サイトにアップロードしていますので、セミナーに参加される方はぜひご視聴ください。


    《関根》(『vivo』2015年2月号より)
    スポンサーサイト

    | 教育プログラム | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | PRINT | TOP ↑

    ≫ EDIT

    藝文学苑つくば教室 音楽講座「ショパンはいかが?」のお知らせ

    ショパン・プロジェクト11月8日(土)に開催する「河村尚子/ショパン・プロジェクト第1回」に併せて、常陽藝文センター藝文学苑つくば教室にて、「ショパン入門講座」を開催します。題して、
    「ショパンはいかが? ―甘口の夜想曲(ノクターン)、辛口の練習曲(エチュード)―」

    「ピアノの詩人」ショパンの夜想曲と練習曲をテーマに、その魅力を味わってみませんか?
    8月6日から受講申し込み受付開始です。

    《篠田》

    藝文学苑つくば教室
    ショパンはいかが?
    ―甘口の夜想曲(ノクターン)、辛口の練習曲(エチュード)―


    【日時・会場】
    10月24日(金)、11月14日(金) 13:00~14:30 常陽つくばビル内
        〒305-0031 つくば市吾妻1-14-2
    11月8日(土) 15:30開場 16:00開演 コンサートホールATM
        水戸芸術館で「河村尚子/ショパン・プロジェクト第1回」を鑑賞します。
        現地集散。

    【講師】
    篠田大基(水戸芸術館音楽部門学芸員)

    【受講料】
    藝文友の会会員6,740円 一般8,360円(3回分)
    「河村尚子/ショパン・プロジェクト第1回」チケット料金込み)

    【受付開始】
    2014年8月6日(水) 10:00~ 受付時間/火曜日~金曜日 10:00~17:00

    【受講のご案内】
    藝文学苑つくば教室 TEL.029-855-1125(代) へお電話でお申し込みください。
    つながらない場合は、水戸教室 TEL.029-231-6611 へ。
    各クラスとも定員になり次第締め切りますのでお申し込みはお早めに。ご予約が済みましたらこちらからお送りする専用の申込用紙に受講料を添えて常陽銀行本店・支店でお手続きをお願いいたします。講座の見学もできます(要予約)。

    【受講される方へ】
    藝文友の会会員の方(含家族会員)
    お申し込みの際に藝文友の会会員番号をお知らせください。
    一般(会員以外の方)
    受講料は一般料金となります。但し、藝文友の会にご入会いただきますと藝文友の会会員料金でご受講できます。

    【受講上のお願い】
    講座について
    一定人員に満たない講座は、延期または中止することがあります。
    講師の病気などやむを得ない事情で、担当講師の変更・代行、講座の休講・中止の場合があります。
    都合により講座の日程が変わる場合があります。
    受講料のお取扱いについて
    受講料は所定の期間分を前納していただきます。
    特定の回だけの受講はできません。
    受講料には消費税が含まれております。
    その他
    受講はご本人のみに限ります。受講票を貸与したり、譲渡したりすることはできません。

    【お問い合わせ、お申し込み】
    公益財団法人 常陽藝文センター 藝文学苑つくば教室
    〒305-0031 つくば市吾妻1-14-2 常陽つくばビル4階
    TEL.029-855-1125(代)

    講座のチラシはこちら

    | 教育プログラム | 17:47 | comments:0 | trackbacks:0 | PRINT | TOP ↑

    ≫ EDIT

    【合唱セミナー2014】 歌って、聴いて、合唱の楽しみを広げよう!

    毎年国内一流の合唱指揮者や作曲家と共に合唱に浸る一日を過ごす「合唱セミナー」。ついに今回は日本合唱音楽界の最高峰、田中信昭氏(東京混声合唱団音楽監督・桂冠指揮者)をお招きし、「歌って、聴いて、合唱の楽しみを広げよう」と題して、様々な角度から合唱音楽の楽しさ、素晴らしさを追求していきます。

    田中先生は、日本の合唱のレベルアップのためには指導者の育成が不可欠であるという立場から、これまで数多くの合唱指揮者たちを育ててきました。現在活躍する多くの合唱指揮者のほとんどは、田中先生から何らかの影響を受けていると言って言い過ぎではありません。私自身も、田中先生直接のご指導のもと合唱作品の初演をする幸運な機会に何度か恵まれ、合唱を生み出すための多くのヒントを受け取ってきました。合唱音楽の技術的側面のみならず、人類にとっての合唱文化の意義、合唱を通して人が生きると言うことを繰り返し考え、実践してきた田中先生。“合唱の神様”、ひとは田中先生のことをそう呼びます。

    今回の合唱セミナーでは、まず最初に『演奏する価値のある作品を選ぶ』(田中先生のお言葉)ところから出発しました。結果、古今の名作とされる作品、そして日本で生まれた優れた作品から、今回講習曲として6曲を選び出しました。名作と言われる作品の持つ奥深い世界を体験するために、技術的に難度が高いと思われる作品にはモデル合唱団を起用しました。田中先生がそれらの作品から何を、どのようにして引き出すのか、存分にご堪能ください。

    『受け身では、合唱は何も起こらない』。合唱は各人がどのように音楽を表現するかにかかってきます。参加者全員での全体講習曲では、参加者が自ら歌唱することになります。その場でまごまごしていたらもったいない! 自分がセミナーを楽しむためにも、ぜひ自分なりの譜読みを済ませてからご参加ください。

    田中先生のレッスンの後には、誰ともなく「田中語録」がまとめられていくことがよく起こります。ぜひ田中先生の示唆に富む言葉を、一つでも多く持ち帰ってください。『譜読みとは、自分のパートの音と歌詩を見てくることではない』『自分だけではない、今この瞬間にも、最高の音楽を創ろうと譜読みしている仲間がいる』『音楽に正解はない』『お互いが良い音楽で良い影響を与え合うのが、合唱』。

    合唱セミナー2014 実行委員長 堤五郎(茨城県合唱連盟常任理事)
    『vivo』2014年2月号より)

    | 教育プログラム | 18:47 | comments:0 | trackbacks:0 | PRINT | TOP ↑

    ≫ EDIT

    【合唱セミナー2014】 柴田南雄:〈水上〉の歌詞

    2月16日の合唱セミナー2014 講師:田中信昭で講習曲として取り上げる柴田南雄:〈3つの無伴奏混声合唱曲〉より “水上”の歌詞を掲載いたします。

    参加チケットご購入と同時にお配りしている楽譜では、歌詞がひらがなだけでわかりづらいため、こちらもご参照いただきまして、事前の譜読み練習を行っていただければ幸いです。

    ※合唱曲においては、第1連と第5連が歌われます。

    水上
    北原白秋

    水上(みなかみ)は思ふべきかな。
     苔清水湧きしたたり、
     日の光透きしたたり、
     橿(かし)、馬酔木(あしび)、枝さし蔽ひ、
     鏡葉(かがみは)の湯津(ゆづ)真椿(まつばき)の真洞(まほら)なす
    水上(みなかみ)は思ふべきかな。

    水上(みなかみ)は思ふべきかな。
     山の気の神処(こころど)の澄み、
     岩が根の言問(ことと)ひ止み、
     かいかがむ荒素膚(あらすはだ)の
     荒魂(あらみたま)の神魂(かみむす)び、神つどへる
    水上(みなかみ)は思ふべきかな。

    水上(みなかみ)は思ふべきかな。
     雲、狭霧、立ちはばかり、
     丹(に)の雉子(きぎし)立ちはばかり、
     白き猪(ゐ)の横伏し喘(あへ)ぎ、
     毛の荒物(あらもの)のことごとに道塞(ふた)ぎ寝(ぬ)る
    水上(みなかみ)は思ふべきかな。

    水上(みなかみ)は思ふべきかな。
     清清(さわさわ)に湧きしたたり、
     いやさやに透きしたたり、
     神ながら神寂(さ)び古る
     うづの、をを、うづの幣帛(みてぐら)の緒の鎮(しづ)もる
    水上(みなかみ)は思ふべきかな。

    水上(みなかみ)は思ふべきかな。
     青水泡(あをみなわ)とよみたぎち、
     うろくづの堰(せ)かれたぎち、
     たまきはる命の渦の
     渦巻の湯津(ゆづ)石村(いわむら)をとどろき揺る
    水上(みなかみ)は思ふべきかな。

    | 教育プログラム | 17:08 | comments:3 | trackbacks:0 | PRINT | TOP ↑

    ≫ EDIT

    水戸市内原中央公民館「いきいき出前講座」のお知らせ

    水戸市の内原中央公民館で、2月7・21日(金)の2回にわたって、水戸芸術館音楽部門学芸員によるクラシック音楽入門講座を開催いたします! テーマはピアノ音楽。参加費は無料で、両日とも19:00~20:30の90分間の講座です。
    応募締め切り間近ですが、まだ定員には達していないようですので、ぜひお気軽にお申込みください!

    いきいき出前講座 2回コース
    ピアノの歴史、3つの“顔” ~名曲・珍曲を聴く~

    ピアノを習っている人、むかし習っていた人や、いま子どもに習わせている人は、沢山いらっしゃることでしょう。ピアノをお持ちのお宅も少なくないはずです。ヴァイオリンやギターなど、ほかの楽器に比べても、圧倒的に普及していて人気の高い(練習が嫌になった人も多い?)ピアノとは、一体何なのでしょう?

    今から300年前に発明され、19世紀に急速な進化を遂げたピアノは、クラシック音楽の代表的な“楽器”であり、19世紀の市民社会のなかではステータス・シンボルの“高級家具”でもあり、同時に工業技術の発展が生み出した精巧な“機械製品”でもありました。ピアノにまつわるさまざまなイメージをあぶり出していくと、クラシック音楽のあまり語られてこなかった側面が見えて、さまざまな作品が、もっと面白く、親しみやすく感じられるはずです。ピアノの歴史をひも解きながら、古い時代のピアノやその復元品の音を録音でご紹介します。

    ご一緒に、定番の名曲からマニアックな珍曲まで、ピアノ音楽の世界を味わってみませんか? クラシック音楽に詳しくない方も大歓迎です!

    1 期日
    平成26年2月7日(金)・21日(金) 各日午後19:00~20:30
    2 場所
    水戸市内原中央公民館 講堂 (茨城県水戸市内原町1395-6)
    3 内容
    第1回 2月7日(金)
      「職人の技と作曲家の汗の結晶――ピアノの誕生と進化」
    第2回 2月21日(金)
      「楽器?家具?機械?――変化し続けるピアノの姿」
    4 講師
    篠田 大基 (水戸芸術館音楽部門学芸員)
    5 参加人数
    30名程度
    6 費用
    無料
    7 申し込み
    平成26年1月31日(金)までに水戸市内原中央公民館(TEL 029-259-4044)までお申し込みください。

    | 教育プログラム | 09:07 | comments:0 | trackbacks:0 | PRINT | TOP ↑

    | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。