| PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | PRINT | TOP ↑

    ≫ EDIT

    【ニュー・イヤー・コンサート2012】 初春を彩る“希望”の調べ

    水戸芸術館の専属楽団メンバーをはじめ、日本を代表する音楽家たちが水戸に集い、新年を華やかに彩る「ニュー・イヤー・コンサート」。22回目の開催となる今回も、年の瀬になってしまいましたが、こうして皆様のもとにコンサートのご案内をお届けすることができますことを、いつもにもまして嬉しく、またありがたく感じております。

    2011 年といえば、やはり思い起こすのは3月11日の東日本大震災、そしてその後の福島第一原発事故。被災地では、また茨城のこの地でも、いまだに困難な生活を強いられている方々がいらっしゃいます。しかしその一方、各地で復興を目指し、着実な取り組みが行われていることも事実です。水戸芸術館でも、この11月から損傷したパイプオルガンの修繕工事が始まり、再び皆様にお楽しみいただけるよう、オルガン製作者の方々が日夜繊細な作業にあたっています。

    また今年は、専属楽団メンバーそのほか水戸芸術館ゆかりの演奏家たちの協力のもと、復興支援コンサートやチャリティー・コンサートを開催。音楽は悲しみや不安の只中にいる人の心にも励ましと慰みを与え、感動を共有することができるという、音楽の力の“原点”を、深く見つめることができました。

    今回のニュー・イヤー・コンサートのテーマは、「HOPE(希望)」。2012年こそ、皆様の新しい年が「希望」に満ちたものでありますように、との願いをこめて、このコンサートをお贈りします! プログラムは例年通り当日のお楽しみですが、作曲家が若い頃に希望を抱いて書いた作品や、平和な日々に想いを馳せる歌、ロシアの文豪も感動のあまり涙を流したといわれるあの名曲などを通して、作曲家が音楽にこめた祈りや希望に想いをめぐらせたり、また水戸芸術館が誇る専属楽団メンバーや一流ゲストの華麗な演奏に心踊らせたり…そうした素敵なひとときをお届けできればと思っています。

    さて出演者をご紹介しましょう。まず今回ミュージカル・アドヴァイザーをお願いしたのが、水戸室内管弦楽団(MCO)メンバーである川本嘉子さん。『vivo』9月号でもインタビューを掲載しましたが、震災後は、いちはやく即座にチャリティー公演を企画し、精力的に活動された、熱い魂をもつ演奏家です。今回は、ヴィオラ奏者の川本さんならではの選曲もございますので、ぜひご期待ください!合奏の指揮を務めるのは、MCO楽団員代表の堀伝さん。ヴァイオリンは、MCOやATMアンサンブルメンバーとして活躍している加藤知子さん、久保田巧さん、小林美恵さん、田中直子さん、中村静香さん、そして沼田園子さん。ヴィオラは、MCOの店村眞積さんと川本嘉子さん。チェロはMCOの堀了介さんと松波恵子さん。さらに今回は、MCO 第77回定期公演から新しくメンバーに加わり、現在ニュージーランドを拠点に世界で活躍するコントラバスの名手・池松宏さんがニュー・イヤーに初登場!「縁の下の力持ち」というコントラバスのイメージをあざやかに覆してくれる、生き生きとした楽しいソロ曲も披露していただきます。それからフルートはMCOの工藤重典さん。フルートの室内楽曲では最高の名曲の一つともいわれ、まさに新年にはふさわしいあの作品が聴けるかもしれません!

    それから、毎年ニュー・イヤーではソロに室内楽にと大活躍し、専属楽団メンバーが厚い信頼を寄せるピアノの野平一郎さんが今年も登場します。また歌手の波多野睦美さんをゲストとしてお迎えします。波多野さんは、昨年の「ちょっとお昼にクラシック」にご出演いただきましたが、その潤いのある澄んだ声でイギリス・バロック時代の美しい歌曲を披露してくださいました。終演後には「声が心にしみて、優しい気持ちにさせてくれた」などと、たくさんの方々から感動の声が寄せられました。今回は、波多野さんならではのイギリスの歌や、昔懐かしい日本の歌にくわえ、“アルト独唱、ヴィオラとピアノ”という珍しい編成の歌曲も演奏される予定。波多野さんは、川本さん、野平さんという当代きっての演奏家とともに、深く温かみのあるアンサンブルをきっと聴かせてくださるに違いありません! それからチェンバロには、通奏低音や、チェンバロ、オルガンなど鍵盤楽器の名手として活躍中の大塚直哉さんもご出演くださいます。

    出演者の皆さんが一人ひとりの楽器に、声に、新たな年への“希望”をこめて演奏するニュー・イヤー・コンサート。どうぞお楽しみに!

    《高巣》(『vivo』2012年1月号より)
    スポンサーサイト

    | ニュー・イヤー・コンサート | 12:07 | comments:0 | trackbacks:0 | PRINT | TOP ↑

    ≫ EDIT

    【ニュー・イヤー・コンサート2012】 テーマは「HOPE(希望)」!

    2011年。東日本大震災、福島第一原発事故……
    不安な日々は今なお続いています。

    2012年の新春の空に
    あなたは何を願うでしょう?
    苦しみや悲しみが心を締め付けても、
    希望はずっと私たちのなかに息づいています。
    それは美しく、輝きに満ちて、
    皆それぞれに
    かけがえのない大切なもの。

    新しい年の始めに、
    水戸芸術館専属楽団メンバーのほか、
    日本を代表する音楽家たちが水戸に集い、
    一人ひとりの楽器に、声に、
    新たな一年への
    “希望”を込めて演奏します。

    さあ、希望の響きとともに
    新しい年の扉を開きましょう。



    ニュー・イヤー・コンサート2012 ―HOPE(希望)―
    2012年1月5日(木) 17:30開場・18:00開演

    出演:
    ■指揮:堀 伝
    ■ヴァイオリン:加藤知子、久保田巧、小林美恵、田中直子、中村静香、沼田園子
    ■ヴィオラ:川本嘉子、店村眞積 ■チェロ:堀 了介、松波恵子
    ■コントラバス:池松 宏 ■フルート:工藤重典
    ■ピアノ:野平一郎  ■メゾ・ソプラノ:波多野睦美 ほか

    料金:(全席指定)S席5,000円・A席4,000円・B席3,000円
    チケット発売:10月29日(土)
    チケットの取り扱い:

    • 水戸芸術館エントランスホール・チケットカウンター
    • 水戸芸術館チケット予約センター TEL. 029-231-8000
    • MUSIC SHOP かわまた TEL. 029-226-0351
    • ヤマハミュージック関東 TEL. 029-244-6661
    • CNプレイガイド TEL.0570-08-9990

    お問い合わせ:水戸芸術館チケット予約センター TEL. 029-231-8000
    主催:財団法人 水戸市芸術振興財団

    | ニュー・イヤー・コンサート | 11:17 | comments:0 | trackbacks:0 | PRINT | TOP ↑

    | PAGE-SELECT |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。