| PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | PRINT | TOP ↑

    ≫ EDIT

    【300人の《第九》】 師走の街に高らかに鳴り響く“歓喜の歌

    今年で 14回目を迎える300人の《第九》。おかげさまで、すっかり地域に定着し、師走の水戸の風物詩となりました。コーラス参加者は毎年300人を超え、公演のご来場者も毎回1000~1500人を数えています。寒い12月の野外イベントに、これほどたくさんの関心が集まり、これほど長く続いていることに、深い感慨を覚えます。

    今年も9月からコーラスの練習が始まりました。コーラス参加者の方々は、まだ暑い最中から難しい音符とドイツ語に四苦八苦し、10月~11月の秋になると、練習の積み重ねによって、徐々に音楽と言葉が体にしみこんできて、12月には寒空の下で思う存分声を出し、確信をもって歌う、というプロセスをたどります。それは、ベートーヴェンが《第九交響曲》の作曲においてもテーマとしていた、“苦悩を通じて歓喜にいたる”というプロセスとも通じ合うものがあります。コーラス参加者の皆さんは、4か月間にわたる厳しい練習を積み重ね、大いなる実感をもって“歓喜の歌”を歌うことが出来るのです。そして、一朝一夕には成し得ないその厚みのある歌声こそが、聴く者を魅了してやまないのでしょう。

    年の瀬のお忙しい時期かとは思いますが、ぜひ水戸芸術館広場で300人のコーラスの圧巻の響きをお楽しみください。最後には、「晴れたる青空~」で有名な一節を会場の皆様と一緒に歌うコーナーもございます。

    《関根》(『vivo』2014年12月号より)
    スポンサーサイト

    | 300人の《第九》 | 11:02 | comments:0 | trackbacks:0 | PRINT | TOP ↑

    ≫ EDIT

    【300人の《第九》】 コーラス参加者大募集

    水戸芸術館では、茨城県合唱連盟、水戸市合唱連盟、水戸市音楽団体連盟との共催により、2014年12月14日(日)に「水戸の街に響け!300人の《第九》2014」を開催いたします。今年も一般公募によるコーラス参加者を募集いたします。コーラスの経験がなくても、やる気を持って練習にご参加いただければOKです。どうぞふるってご応募ください。



    応募要項
    募集対象
    ベートーヴェン作曲 交響曲 第9番 第4楽章「よろこびのうた」に参加するコーラス・メンバー(ソプラノ、アルト、テノール、バス)
    応募資格
    水戸芸術館で行われる練習に参加できる方(コーラス経験の有無は問いません)
    練習日
    9月 … 6日(土) 21日(日)
    10月 … 13日(月・祝) 19日(日)
    11月 … 3日(月・祝) 29日(土)
    12月 … 7日(日) 13日(土)
    *練習時間は、各日14:00~17:00です。
    *練習会場は、水戸芸術館です。
    *状況により、練習日は追加されることもあります。
    合唱指導
    鈴木良朝、打越孝裕、堤 五郎、吉水淳子
    参加料
    2,000円(初回の練習時に受付でお支払いください)
    公演について
    公演名:
    水戸の街に響け!300人の《第九》2014
    公演日時:
    2014年12月14日(日) 12:00開演 13:30開演(2回の公演)
    会場:
    水戸芸術館広場 (雨天の場合、コンサートホールATM)
    曲目:
    ベートーヴェン:交響曲 第9番 第4楽章 「よろこびのうた」
    企画:
    畑中良輔
    指揮:
    鈴木良朝
    合唱:
    一般公募による参加者、茨城県合唱連盟、水戸市合唱連盟
    主催:
    公益財団法人水戸市芸術振興財団、茨城県合唱連盟、水戸市合唱連盟、水戸市音楽団体連盟

    参加申し込みに当たって
    • 所定の申込用紙にご記入の上、お申し込みください。
    • 楽譜は各自ご用意ください。使用する楽譜は、カワイ出版「交響曲第九番」です。
    • 年齢制限はありません。
    • オーケストラ・パートは、エレクトーン2台、ピアノ2台、およびパーカッションで演奏します。
    • 練習会場に車でお越しになる際、水戸芸術館地下・市営五軒町駐車場の駐車料金は有料となりますので、予めご了承ください。
    • 練習の出席状況によっては、当日のご出演をお断りすることがあります。


    申込方法
    申込用紙は水戸芸術館チケットカウンターで配布しております。また、当館ホームページからもダウンロード可能です。
       ≫応募要項のダウンロードはこちら
       ≫申込用紙のダウンロードはこちら
    次の2点をご郵送ください。
    直接持参する場合は、水戸芸術館窓口(9:30~18:00 月曜休館)までご提出ください。
       1. 所定の申込用紙(必要事項を正確にご記入ください)
       2. 返信用封筒1部(82円切手を貼り、ご自身の住所・氏名を明記してください)

    オンラインでのお申し込みも可能です。

    応募受付期間 募集終了
    2014年7月1日(火)~7月31日(木) ※郵送の場合、当日必着のこと

    書類送付先・お問い合わせ先
    水戸芸術館音楽部門 《第九》係 (担当:関根・篠田)
    〒310-0063 茨城県水戸市五軒町 1-6-8
    TEL. 029‐227‐8118 FAX. 029‐227‐8130

    | 300人の《第九》 | 11:11 | comments:0 | trackbacks:0 | PRINT | TOP ↑

    ≫ EDIT

    【300人の《第九》】 この一年の締めくくりを、300 人の《第九》とともに

    今年もまた「300 人の《第九》」の季節が近づいてきました。2013年という一年を、皆様どのようにお過ごしになりましたか。この一年のあいだに起こったさまざまな出来事、心に感じたさまざまな風景を思い出しながら、一年の締めくくりとして「300 人の《第九》」に足をお運びいただければ幸いです。

    “ 喜びにみちた調べにともに声を合わせよう” と呼びかけるシラーの詩「歓喜に寄す」をもとに、全人類の理想的なあり方を高らかに歌ったベートーヴェンの《第九》。とりわけ2011年の東日本大震災以降、《第九》の偉大な力にみちた音楽が、どれほど私たちを勇気づけ、歌う者、聴く者に希望の光をもたらしたか知れません。この素晴らしい音楽を多くの皆様と共有し、溢れ出る感動を分かち合いたいとの願いから、水戸芸術館では《第九》を広場で開催
    しています。

    今年も、一般公募の市民の方々を中心に、茨城県合唱連盟、水戸市合唱連盟の各加盟団体が加わり、300名を大幅に越える大合唱団が結成されました。9月から練習に励んでいます。普段から合唱活動をされている方々ばかりではなく、きちんとした発声法で声を出すのは初めてという会社員や主婦の方々、定年後のご夫婦、さらには近年増えている親子など、水戸芸術館の《第九》合唱団には本当に様々な層の方々が参加しています。その層の厚みがもたらす合唱の響きの奥深さ、力強さこそ、「300人の《第九》」の大きな聴きどころと言えるでしょう。どうぞ、ご期待ください。

    《関根》(『vivo』2013年12月号より)
    水戸の街に響け!300人の《第九》2013

    【日時】 2013年12月8日(日) 12:00開演/13:30開演
    【会場】 水戸芸術館 広場 (悪天候の場合、コンサートホールATM)

    入場無料

    【曲目】 べートーヴェン:交響曲 第9番 ニ短調 作品125 より 第4楽章
    企画
    畑中良輔
    指揮
    打越孝裕
    独唱
    結城滋子(ソプラノ)、山本彩子(アルト)、
    倉石 真(テノール)、 清水良一(バリトン)
    器楽
    小林由佳、八谷奈津美(エレクトーン)、中村真由美、中村佳代(ピアノ)、
    尾花章子(ティンパニ)
    合唱
    一般公募による参加者、茨城県合唱連盟、水戸市合唱連盟
    詳しい公演情報はこちらをご覧ください。
    ※指揮者・鈴木良朝氏は、体調不良のため、出演できなくなりました。何卒ご了承ください。

    | 300人の《第九》 | 14:22 | comments:0 | trackbacks:0 | PRINT | TOP ↑

    ≫ EDIT

    【300人の《第九》】 コーラス参加者大募集

    水戸芸術館では、茨城県合唱連盟、水戸市合唱連盟、水戸市音楽団体連盟との共催により、2013年12月8日(日)に「水戸の街に響け!300人の《第九》2013」を開催いたします。今年も一般公募によるコーラス参加者を募集いたします。コーラスの経験がなくても、やる気を持って練習にご参加いただければOKです。どうぞふるってご応募ください。



    応募要項
    募集対象
    ベートーヴェン作曲 交響曲 第9番 第4楽章「よろこびのうた」に参加するコーラス・メンバー(ソプラノ、アルト、テノール、バス)
    応募資格
    水戸芸術館で行われる練習に参加できる方(コーラス経験の有無は問いません)
    練習日
    9月 … 8日(日) 21日(土)
    10月 … 12日(土)
    11月 … 2日(土) 10日(日) 23日(土・祝)
    12月 … 1日(日) 7日(土)
    *練習時間は、各日14:00~17:00です。
    *練習会場は、水戸芸術館です。
    *状況により、練習日は追加されることもあります。
    合唱指導
    鈴木良朝、打越孝裕、堤 五郎、吉水淳子
    参加料
    2,000円(初回の練習時に受付でお支払いください)
    公演について
    公演名:
    水戸の街に響け!300人の《第九》2013
    公演日時:
    2013年12月8日(日) 12:00開演 13:30開演(2回の公演)
    会場:
    水戸芸術館広場 (雨天の場合、コンサートホールATM)
    曲目:
    ベートーヴェン:交響曲 第9番 第4楽章 「よろこびのうた」
    企画:
    畑中良輔
    指揮:
    鈴木良朝
    合唱:
    一般公募による参加者、茨城県合唱連盟、水戸市合唱連盟
    主催:
    公益財団法人水戸市芸術振興財団、茨城県合唱連盟、水戸市合唱連盟、水戸市音楽団体連盟

    参加申し込みに当たって
    • 所定の申込用紙または申込フォームにご記入の上、お申し込みください。
    • 楽譜は各自ご用意ください。使用する楽譜は、カワイ出版「交響曲第九番」です。
    • 年齢制限はありません。
    • オーケストラ・パートは、エレクトーン2台、ピアノ2台、およびパーカッションで演奏します。
    • 練習会場に車でお越しになる際、水戸芸術館地下・市営五軒町駐車場の駐車料金は有料となりますので、予めご了承ください。
    • 練習の出席状況によっては、当日のご出演をお断りすることがあります。


    申込方法
    申込用紙は水戸芸術館チケットカウンターで配布しております。次の2点をご郵送ください。
    直接持参する場合は、水戸芸術館窓口(9:30~18:00 月曜休館)までご提出ください。
       1. 所定の申込用紙(必要事項を正確にご記入ください)
       2. 返信用封筒1部(80円切手を貼り、ご自身の住所・氏名を明記してください)

    オンラインでのお申し込みも受け付けております。応募要項をお読みの上、申込フォームに必要事項をご記入ください。


    応募受付期間
    2013年7月2日(火)~7月31日(水) ※郵送の場合、当日必着のこと
    受付は終了しました。

    書類送付先・お問い合わせ先
    水戸芸術館音楽部門 《第九》係 (担当:関根・篠田・大金)
    〒310-0063 茨城県水戸市五軒町 1-6-8
    TEL. 029‐227‐8118 FAX. 029‐227‐8130

    | 300人の《第九》 | 09:51 | comments:0 | trackbacks:0 | PRINT | TOP ↑

    ≫ EDIT

    【300人の《第九》】 広がり続ける合唱の輪、《第九》の輪

    5月に逝去した畑中良輔・水戸芸術館音楽部門顧問が手掛けられた数々の企画の中でも、筆者にとってとりわけ思い出深いものの一つが、「水戸の街に響け!300人の《第九》」です。

    コーラス参加者は一般公募とし、200人を想定(後に300人に増員)。鈴木良朝先生を中心として、茨城県合唱連盟、水戸市合唱連盟と協力し本番までに密度の濃い練習を重ねること。年齢制限なし、経験不問。オーケストラは、技術的進歩の著しいエレクトーンで代用。そこに2台ピアノ(ワーグナー編曲版、昨年からはリスト編曲版を演奏)とティンパニを加え、サウンドに厚みを持たせる。独唱は、「茨城の名手・名歌手たち」出身者を中心に選出。《第九》なのだから“大工町”(水戸市中心市街地の西の玄関口)まで響いてほしい、そして街全体に元気を与えられるようホールを飛び出して水戸芸術館広場で上演する・・・。

    1999年の初回から現在に至る「300人の《第九》」の基本的な成り立ちは、すべて畑中先生の独創的なアイデアから生まれました。名企画者でもあった畑中先生のこと、これが“当たる”ことは予想していました。しかし、ここまで長く続く(今回で12回目)とは思ってもみなかったそうです。参加者一人一人の思いの強さ、そしてとりわけ全体の指揮を務める鈴木良朝先生の渾身のご指導のおかげと、折に触れておっしゃっていました。

    東日本大震災の苦難を乗り越え、多くの市民が声を合わせた昨年の公演は、過去11回の上演のなかで最高潮を迎えたかに思えました。しかし、まだまだ合唱の輪、《第九》の輪は広がり続けています。今年は参加者の数が過去最高になりそうなのです。400人に届かんとするコーラスの圧倒的な歌声が、水戸の街じゅうに響き渡り、天国の畑中先生にも届くことを願ってやみません。

    《関根》(『vivo』2012年12月号より)
    水戸の街に響け!300人の《第九》2012

    【日時】 2012年12月9日(日) 12:00開演/13:30開演
    【会場】 水戸芸術館 広場 (悪天候の場合、コンサートホールATM)

    入場無料

    【曲目】 べートーヴェン:交響曲 第9番 ニ短調 作品125 より 第4楽章
    企画
    畑中良輔
    指揮
    鈴木良朝
    独唱
    結城滋子(ソプラノ)、山本彩子(アルト)、
    倉石 真(テノール)、 清水良一(バリトン)
    器楽
    小林由佳、久保田彩子(エレクトーン)、中村真由美、中村佳代(ピアノ)、
    尾花章子(ティンパニ)
    合唱
    一般公募による参加者、茨城県合唱連盟、水戸市合唱連盟
    詳しい公演情報はこちらをご覧ください。

    | 300人の《第九》 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | PRINT | TOP ↑

    | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。