≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | PRINT | TOP ↑

    ≫ EDIT

    【ATM便り】 2015年6月11日号

    ジルバーマン・ピアノ
    今回のコンサートで使われるゴットフリート・ジルバーマン、1747年製フォルテピアノ
    武久源造さんの公式ウェブサイトより)
    茨城新聞で毎月1回掲載していただいている「ATM便り」。6月11日付の記事は、6月17日(水)に開催する「ちょっとお昼にクラシック 武久源造(フォルテピアノ) ―このピアノを、バッハは弾いた―」に因んだ話題です。

    今回のコンサートでは、バッハが弾いたピアノの復元品をコンサートホールに持ち込んで開催します。
    バッハはピアノのための曲を1曲も残しませんでしたが、なぜまったくなかったのか……、そこにはどうやら、ひとつの「からくり」があるようなのです……。

    バッハが弾いた音色

     ピアノという楽器は、1700年頃にイタリアで発明され、1720年代にドイツに伝わりました。バロック音楽の頂点を画すヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685~1750)が生きた時代は、まさにピアノの草創期でした。

     バッハは生前、実際にピアノを弾いたことがありましたが、彼は「ピアノのため」と銘打った作品をまったく残しませんでした。それゆえこれまでは、バッハはピアノを、彼が親しんでいたチェンバロやオルガンほどには評価していなかった、と信じられていました。しかし、この通説はいまや否定されつつあります。バッハの伝記や遺品からは、彼がピアノの製造に助言を与え、販売にも関与していた証拠が発見されているのです。

     それではなぜバッハには、チェンバロの曲はあるのに、ピアノの曲がないのでしょうか。その謎を解く鍵が、楽器の名称にあるという指摘があります。バッハの時代には、鍵盤楽器といえばチェンバロでした。エファ・バドゥーラ=スコダ氏の研究によると、当時、「チェンバロ」という名前は鍵盤楽器の総称であり、ピアノも昔は「チェンバロ」と呼ばれていたというのです。ピアノが発明された当初の正式名称であった「クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」(弱音(ピアノ)も強音(フォルテ)も出るクラヴィチェンバロ)にも、「チェンバロ」という言葉が入っているように、昔はピアノがチェンバロの一種と考えられていたわけです。さらにイタリアでは、20世紀になっても、タイプライターを「チェンバロ・アル・スクリヴェーレ」(筆記用鍵盤)と呼ぶことがあったそうです。つまり、鍵盤=チェンバロだったのです。

     バッハが晩年に暮らしたライプツィヒの新聞によると、バッハは1733年6月17日にコンサートを開催し、「当地でまだ演奏されたことのない新型のチェンバロ」(当時の新聞広告より)を披露したことが分かっています。この「新型のチェンバロ」がピアノを意味していたことは、ほぼ間違いないと言われています。バッハが弾いたピアノは、どんな音色だったのでしょうか。約300年を経た今年の6月17日、水戸芸術館で皆様にお聴きいただきます。

    (水戸芸術館音楽部門学芸員・篠田大基)


    今回の記事の執筆にあたっては、小林義武先生の『バッハ――伝承の謎を追う』(春秋社、初版:1995年)を参考にさせていただきました。

    記事のなかにも書きましたが、今回のコンサートの開催日の6月17日というのは、1733年にバッハがライプツィヒでピアノ(と推測される楽器)を使ったコンサートを開いた、まさにその日でした!
    しかも、1733年の6月17日も、今年の6月17日も、どちらも水曜日なんですね!!
    企画するときに狙ったわけではなくて、偶然の一致だったのですが、気づいたときは、ちょっとドキッとしました。

    バッハ先生のご加護でしょうか、はたまた、ジルバーマン師匠のご加護でしょうか? おかげさまでコンサートのお席は残り少なくなっていまりました。ご予約は、どうぞお早めに!

    《篠田》
    スポンサーサイト

    | ちょっとお昼にクラシック | 17:21 | comments:2 | trackbacks:0 | PRINT | TOP ↑

    ≫ EDIT

    【プロムナードEXTRA】 甘美なオーボエの旋律をどうぞ

    おはようございます。今日も暑いですね。まるで夏のようです。

    今日はエントランスホールで「プロムナード・コンサートEXTRA」を開催します。
    12:00~と13:30~の2回公演。無料でお聴きいただけますので、水戸芸術館にどうぞお気軽にお立ち寄りください。

    パイプオルガンのプロムナード・コンサートの番外編として、パイプオルガン以外の楽器をとりあげるのが、この「プロムナード・コンサートEXTRA」です。
    このシリーズを始めて、3年目に突入しました。
    今回のご出演は、オーボエの関美矢子さんとピアノの稲生亜沙紀さんです。

    関美矢子さんは昨年の「茨城の名手・名歌手たち」出演者オーディションに合格され、10月の「茨城の名手・名歌手たち 第24回」演奏会で、その腕前をご披露くださいました。
    このブログをお読みの方で、そのときの演奏をお聴きになった方もいらっしゃるかと思います。
    「茨城の名手・名歌手たち」の出演者オーディションのときに、関さんの伴奏を務めたのが、稲生亜沙紀さんでした。

    あれから1年が経って、関さんは現在、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の契約団員としてご活躍中です。
    ますます腕に磨きをかけて臨まれる、今回のプロムナード・コンサート、とても楽しみですね。

    こちらは、昨夜行ったリハーサルの様子。

    プロムナード・コンサートEXTRA 関美矢子(オーボエ)、稲生亜沙紀(ピアノ)
    プロムナード・コンサートEXTRA 関美矢子(オーボエ)、稲生亜沙紀(ピアノ)

    オーボエはとても音が明瞭な楽器。美しい旋律が残響の長いエントランスホールの空間に響き渡ります。

    事前のリハーサルで、演奏する場所を決めたり、会場の響きや雰囲気を確認して演奏曲目を考えていただいたりしてきました。
    今回は、1回目と2回目で若干プログラムが異なります。
    お時間が許せば、ぜひ両方の回をお聴きいただければ幸いです。

    プログラム

    ■1回目(12:00~)
    サン=サーンス:オーボエ・ソナタ ニ長調 作品166 より 第1・2楽章
    テレマン:無伴奏オーボエのための12のファンタジー より 第1番 イ長調 TWV 40:2
    シューマン/リスト:献呈
    シューマン:3つのロマンス 作品94 より 第1曲
    マスネ:タイス瞑想曲

    ■2回目(13:30~)
    サン=サーンス:オーボエ・ソナタ ニ長調 作品166 より 第1楽章
    C.P.E.バッハ:無伴奏オーボエ・ソナタ イ短調 Wq.132 より 第1楽章
    シューマン/リスト:献呈
    シューマン:3つのロマンス 作品94 (全曲)


    今朝、開館前の時間を利用して会場での最終リハーサルを行いました。
    お昼にエントランスホールで、皆様をお待ちしております!

    プロムナード・コンサートEXTRA 関美矢子(オーボエ)、稲生亜沙紀(ピアノ)


    《篠田》

    | 公演情報 | 10:11 | comments:0 | trackbacks:0 | PRINT | TOP ↑

    ≫ EDIT

    【ソフィア少年合唱団】 完売御礼

    6月4日開催のソフィア少年合唱団公演のチケットはおかげさまで完売いたしました。ありがとうございました。
    キャンセル券がありましたら、公演当日の朝9時30分より 電話受付いたします。(Tel.029-231-8000)

    | 公演情報 | 11:45 | comments:0 | trackbacks:0 | PRINT | TOP ↑

    ≫ EDIT

    【ATM便り】 2015年5月11日号

    茨城新聞で毎月1回掲載していただいている「ATM便り」。5月11日付の記事は、5月16日(土)に開催する「高校生のための水戸室内管弦楽団メンバーによる公開レッスン」に因んだ話題です。今回のレッスンの講習曲は、バッハの〈シャコンヌ〉の吹奏楽版です。それにしても、この曲、本当に沢山の編曲がありますね。

     今回の「高校生のための水戸室内管弦楽団メンバーによる公開レッスン」では、講習曲にバッハの〈シャコンヌ〉を取り上げます。〈シャコンヌ〉と題された曲は数多くありますが、単に〈シャコンヌ〉と言えば、まずバッハのこの曲が連想される、というほど有名な作品です。今回演奏されるのはその吹奏楽編曲版ですが、原曲は〈無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番〉のなかの1曲。つまり、ヴァイオリン奏者が伴奏なしで、一人で演奏する曲です。

     これは、実は特異な作品なのです。「シャコンヌ」は本来、決まった和声進行や旋律型を低音部に置いて、その繰り返しの上で高音部が旋律を奏でる音楽です。しかしバッハは旋律と伴奏の両方をたった1丁のヴァイオリンのなかに凝縮してしまいました。これがバッハのすごさです。

     「それでも伴奏がほしい」と考えた人もいました。19世紀にバッハの再評価に尽力したメンデルスゾーンやシューマンは、〈シャコンヌ〉のためのピアノ伴奏を作っています。伴奏なしで成立する曲に伴奏を付けるのは、蛇足とも言えますが、水墨画のような無伴奏の世界に、後世の作曲家たちがどんな色彩を見出したのか、というように見方を変えてみると、なかなか興味深いものがあります。

     この他にも〈シャコンヌ〉は様々に編曲されています。ブゾーニやブラームスはピアノ独奏用に編曲しました。名指揮者で編曲家のストコフスキーは壮麗な管弦楽曲に仕立てましたし、小澤征爾氏をはじめとする多くの日本人音楽家を育てた斎藤秀雄氏も素晴らしい管弦楽編曲を残しています。

    水戸室内管弦楽団メンバーによる公開レッスン
    昨年度のレッスンの様子
    撮影:大窪道治

     今回の公開レッスンで高校生たちが演奏する吹奏楽版〈シャコンヌ〉は、吹奏楽に熟達した作曲家・森田一浩氏による編曲です。大編成での演奏を前提に作られているだけに使用される楽器の種類は豊富で、多彩な音色が鮮やかな印象を与えます。今回は、その豊かな音色を味わっていただけるだけでなく、レッスンを通して色彩感が変化してゆく過程もご覧いただけます。万華鏡をのぞきこむようなつもりで、〈シャコンヌ〉の響きをどうぞお楽しみください。

    (水戸芸術館音楽部門学芸員・篠田大基)

    今週末の水戸室内管弦楽団第93回定期演奏会はすでに完売しておりますが、16日に開催する「公開レッスン」は入場無料でお聴きいただけます(要整理券)。
    しかも高校生のレッスンだけでなく、講師を務める水戸室内管弦楽団の管楽器奏者によるミニコンサートもございます。
    こちらもどうぞお楽しみに!

    | 水戸室内管弦楽団 | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | PRINT | TOP ↑

    ≫ EDIT

    パイプオルガン・プロムナード・コンサート子どもの日スペシャル ご来場ありがとうございました!

    今日のエントランスホールでは、「パイプオルガン・プロムナード・コンサート 子どもの日スペシャル」を開催しました!1階と2階、あわせて約300人近くの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。

    こちらは開演前の様子。今回はスペシャルということで、さまざまな色の照明でオルガンを彩りながらお届けしました。
    P5054824.jpg


    出演は、数々の国際オルガンコンクールで優秀な成績をおさめている若手オルガニスト、大木麻理さんと、劇団四季のミュージカルなどでも活躍しているソプラノ歌手、久保田彩佳さんです!
    P5054825.jpg


    今日は子どもの日ということで、J.S.バッハの前奏曲とフーガ イ短調 BWV543といった美しいオルガン曲から、エルガーの威風堂々、映画「サウンドオブミュージック」の音楽など、多彩なプログラムでお届けしました。午前中にACM劇場で行われた「ゆうくんとマットさんの『カレーパンでやっつけよう』」公演から、はしごして、こちらにも来てくださった親子の方も多かったようです!
    P5054827.jpg


    東京藝術大学の同級生だったというお二人。ふだんの仲の良さが伝わってくるような、息ぴったりの演奏とトークです!
    P5054834.jpg


    またコンサートでは会場の皆さまと一緒に、映画「となりのトトロ」からさんぽ、映画「サウンドオブミュージック」からドレミの歌を歌いました。皆さん一緒に元気よく歌ってくださり、とても楽しいコンサートとなりました♪
    P5054831.jpg


    アンコールは冒頭でも演奏してくださった、エルガー作曲「威風堂々」。曲の最後では、星がきらきらまわるような音のストップ(音栓)、ツィンベルシュテルンを久保田さんが操作してくださるという演出で、コンサートは華やかに幕を閉じました♪

    次回のパイプオルガン・プロムナード・コンサートは5/23(土)に開催です!ご来場お待ちしております。
    ※「自分もオルガンを体験してみたい…!」と思われた方、ただいま「市民のためのオルガン講座」受講生も募集中です(6/2〆切)!

    | パイプオルガン | 19:18 | comments:0 | trackbacks:0 | PRINT | TOP ↑

    | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。